2020年06月16日

退所児童等アフターケア事業 事例紹介


【退所児童等アフターケア事務所 めぐり】

令和2年5月1日に山口県岩国市内に開設した当事務所、具体的にはどのようなことができるのか。

以下、事例を紹介します。 『事例ケース1:20代前半男性』

グループワーク(スポーツイベント)に誘うため、久しぶりに本人と連絡を取った。すると、仕事を辞め、次の仕事と住む場所を探しているといった。こちらで仕事を紹介する旨を伝えたが、数日後自分でハローワークにて県外の仕事を見つけ、決めたとの事だった。

数か月後、本人から「M県に住んでいるが、仕事がなくなりお金もない。住む場所も知人の家に住ませてもらっていたが出ていくよう言われた。どうすればよいか?」との事で、当法人がある山口県岩国市に呼び寄せ、当法人の連携協定企業を就労先として紹介した。住処も社員寮に入寮した。

その後、就労先の社長へ電話、本人の様子を伺った。仕事にも一生懸命に取り組み、また社員寮に一緒に住んでいる同年代の社員と楽しそうに過ごしているとのことだった。今後も情報共有を行うことを確認し、生活と仕事両面でサポートしていく事を話した。

本人からも「この会社に就職して良かった。本当に感謝している。」と話を聞いた。

アフターケアの取り組みで大切なことは

どうやってつながるか
何ができるか

だと考えます。もし当事務所でお役に立てそうなことがあればお気軽にご連絡ください。

退所児童等アフターケア事務所 めぐり
ソーシャルワーカー 中嶋 宏幸
TEL  070-3781-5572 ※当事業は『「ソフトバンク・チャリティスマイル」社会に巣立とう応援助成』により事業を実施しています。

#岩国 #山口 #npo法人 #とりで
#アフターケア #退所児童等アフターケア アフターケア


【退所児童等アフターケア事務所 めぐり】

令和2年5月1日に山口県岩国市内に開設した当事務所、具体的にはどのようなことができるのか。

以下、事例を紹介します。

『事例ケース1:20代前半男性』

グループワーク(スポーツイベント)に誘うため、久しぶりに本人と連絡を取った。すると、仕事を辞め、次の仕事と住む場所を探しているといった。こちらで仕事を紹介する旨を伝えたが、数日後自分でハローワークにて県外の仕事を見つけ、決めたとの事だった。

数か月後、本人から「M県に住んでいるが、仕事がなくなりお金もない。住む場所も知人の家に住ませてもらっていたが出ていくよう言われた。どうすればよいか?」との事で、当法人がある山口県岩国市に呼び寄せ、当法人の連携協定企業を就労先として紹介した。住処も社員寮に入寮した。

その後、就労先の社長へ電話、本人の様子を伺った。仕事にも一生懸命に取り組み、また社員寮に一緒に住んでいる同年代の社員と楽しそうに過ごしているとのことだった。今後も情報共有を行うことを確認し、生活と仕事両面でサポートしていく事を話した。

本人からも「この会社に就職して良かった。本当に感謝している。」と話を聞いた。

アフターケアの取り組みで大切なことは

どうやってつながるか
何ができるか

だと考えます。もし当事務所でお役に立てそうなことがあればお気軽にご連絡ください。

退所児童等アフターケア事務所 めぐり
ソーシャルワーカー 中嶋 宏幸
TEL 070-3781-5572

※当事業は『「ソフトバンク・チャリティスマイル」社会に巣立とう応援助成』により事業を実施しています。

posted by 特定非営利活動法人とりで at 10:11| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: